GPU コンピューティング研究会

TESLA C2050

第12回 GPUコンピューティング講習会(OpenACC)

申し込みを締め切りました。
主催: GPUコンピューティング研究会
日時: 2012年6月15日(金)10:45~12:15
場所: 東京工業大学・大岡山キャンパス 情報ネットワーク演習室 第2演習室(大岡山キャンパス南4号館3階 キャンパスマップにあります37番の建物で1階にセブンイレブンがあります)
定員: 50名
開催趣旨:

既存のプログラムを変更することなく、指示文を挿入するだけで(ディレクティブ・ベース方式)GPU を利用した高速計算が可能になるコンパイラやコード・ジェネレータが最近注目されています。昨年、OpenACC がNVIDIA, Caps, PGI, Cray の共同で策定され、指示文の共通サブセットとしてディレクティブ・ベース方式のコンパイラやコード・ジェネレータの中で使えるようになりました。

本講習会ではOpenACCについてその概要および利用法を説明いたします。TSUBAME では既にフランスCaps社による指示文ベースのGPU化コード・ジェネレータHMPPが使えるようになっており、Tesla M2050 を利用し OpenACC の使い方や有効性を実際に体験して頂きます。

GPUコンピューティング研究会・会員の方に優先的に参加して頂きます。会員でない方は、先に会員登録をして頂けますようお願い致します。
定員に達したため参加申し込み受付を終了しました                       
プログラム: 10:45-12:15   OpenACC の実践的利用法
                            講師: 小野寺 高之 (株式会社JCC ギミック)
   
問合せ: GPU コンピューティング研究会
office-gpu-computing@sim.gsic.(「@」を半角へ変換し、 titech.ac.jp を付けて下さい。)