GPU コンピューティング研究会

TESLA C2050

第10回 GPUコンピューティング 講習会

申し込みを締め切りました。
主催: GPUコンピューティング研究会
日時: 2010年9月28日(水)13:30~17:00
場所: 東京工業大学・大岡山キャンパス 情報ネットワーク演習室 第2演習室(大岡山キャンパス南4号館3階 キャンパスマップにあります44番の建物で1階にセブンイレブンがあります)
定員: 92名
開催趣旨: 東京工業大学には2010年秋にTSUBAME2.0が導入され、理論性能2.4PFLOPSに及び、TOP500にて登場時世界第4位、現時点において第5位を達成しております。これはこれまで以上にGPUによる加速を重視した設計によるものであり、GPUを使いこなすことの重要性がますます高まっております。本講習会ではTSUBAME2.0の概要および使い方について紹介し、TSUBAME2.0に搭載されているFermi GPUを対象としたプログラミング・利用方法について実習と共に説明します。
GPUコンピューティング研究会・会員の方に優先的に参加して頂きます。会員でない方は、先に会員登録をして頂けますようお願い致します。
参加申し込みの受付中です。
プログラム: 13:30-13:50 「TSUBAME2.0の概要」
2010年秋に東工大学術国際情報センターに導入されたTSUBAME2.0スーパーコンピュータについてその概要を紹介します。TSUBAME2.0はこれまでのTSUBAME1.2における経験をもとにさらにGPUの利用を推し進めた設計となっており、それによってした省電力性および高性能を達成しております。本講習ではそのシステムの概要を紹介します。
講師:青木尊之(東京工業大学・学術国際情報センター)
13:50-14:30 「CUDAによるソフトウェア開発 ~ちょっと苦労した話~」 スライド
講師:村上真奈(システム計画研究所)
クロマキー処理エンジンROBUSKEYのCUDA化を具体例にあげてお話します。CUDA対応ソフトウェアとして製品化する為には、カーネル関数開発がゴール ではなく、その先に考慮すべき点が多々ございました。その辺りも含めてお話する予定です。
14:45-15:45 「TSUBAME2.0におけるGPUの活用方法」 スライド
TSUBAME2.0の大規模GPU環境の使い方について紹介します。GPUを用いる方法としてはCUDAやOpenCLによるプログラミング、PGIアクセラレータコンパイラの利用、GPUに対応したライブラリ/アプリケーションの利用等があります。本講習ではTSUBAME2.0におけるGPUの利用方法について、特にCUDAプログラミングおよびGPU対応ライブラリの利用法について説明します。 講師:丸山直也(東京工業大学・学術国際情報センター)
15:45-17:00 「CUDAプログラミング」 スライド
CUDAを用いたGPUコンピューティングについて、特にTSUBAME2.0に搭載されているNVIDIA Fermi GPUを対象としたプログラミング・最適化について説明します。Fermi GPUではこれまでのGPUと異なりハードウェアキャッシュの搭載、複数カーネルの同時実行、C++のサポート等の大きな拡張が導入されています。本講習では最新GPUの機能を使うことによってより簡便かつ高効率なアプリケーションを開発する方法を紹介します。また、CUDAの最新バージョンである4.0において導入された新機能についても紹介します。
講師:丸山直也(東京工業大学・学術国際情報センター)
配布資料等 サンプルコード