GPU コンピューティング研究会


Prof. Mark Sussman による講演会: Overcoming the surface tension timestep constraint when computing solutions to incompressible two phase flow


講師: Prof. Mark Sussman (Florida State University)

The surface tension time step constraint is eliminated by replacing the curvature calculation with the sub-problem of solving volume preserving motion by mean curvature.  A new algorithm is presented for simulating volume preserving motion by mean curvature which has considerably less complexity than previous algorithms.  The new algorithm is consistent and preserves volume exactly; regardless of potential topological transformations of the gas/liquid interface.

開催趣旨: LevelSet 法の研究で有名なフロリダ州立大学のMark Sussman 先生による多相流計算の表面張力計算について、以下のような講演が企画されています。3月12日は学部後期入試が実施されますので、許可証がないと入校できません。参加希望の方は、所属・氏名・勤務先住所を青木(までお知らせ下さい。
主催: 学術国際情報センター・GPU コンピューティング研究会
協賛: GCOE「計算世界観の深化と展開」, CREST ULP-HPC
日時: 2010年3月12日(金)10:30~12:30
場所: 学術国際情報センター・情報棟2F会議室 (キャンパスマップ)
参加費: 無料
※ 3月12日は大岡山キャンパスで後期学部入試があるため、東工大の教職員以外入校できません。臨時の入校証を発行いたしますので、参加ご希望の方は必ず下記にご連絡下さい。
連絡担当: 学術国際情報センター 青木 尊之
学術国際情報センター GPU コンピューティング研究会
mailto: gpu-computing-office _at_